光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

CWファイバレーザ一覧

ファイバレーザは希土類元素ドープファイバを増幅媒体として用いる固体レーザの一種で、小型軽量、高効率、メンテナンスが容易、優れたビーム品質などの特徴があります。発振波長はドープされる希土類元素の種類によって異なります。1060nmの発振にはYb, 1550nmの発振にはEr, 1900-2000nmの発振にはTmが使用されます。連続発振(CW)ファイバレーザの主な用途は溶接などの加工分野です。1μm帯のレーザ光は金属によく吸収されるので金属加工に適しています。一方、1950-2000nmのレーザ光は樹脂や水分に吸収されやすいためプラスチック加工、医療、ガスセンシングなどに適しています。
→ファイバレーザとは
fiber1

製品名 中心波長 出力 特徴 メーカ
 1060nm CWファイバレーザ 1060 nm 10, 30, 50W
変調可 Optisiv
 1064nm 直線偏光ファイバレーザ 1064 nm 2W 偏光出力 Techwin
 1.0μm シングルモードCWファイバレーザ 1040-1090 nm 1W, 5W, 10W, 20W 高出力 Connet
 1084nmシングルモードCWファイバレーザ 1084 nm 250, 300, 500,
800, 1000, 1500W
高出力 MAX
PHOTONICS
 1080nmマルチモードCWファイバレーザ 1080 nm 2000, 2500,
4000, 6000 W
高出力
 1.5μm シングルモードCWファイバレーザ 1535~1561 nm 1W, 5W, 10W, 20W 高出力 Connet
 1550nm CWファイバレーザ  1550 nm 10W 波長1550 nm Optisiv
 1950nm CWファイバレーザ  1950 nm 50mW, 200mW コンパクト Advalue
Photonics
 1950nm 高出力CWファイバレーザ  1950nm 1W, 2W, 5W, 10W 高出力
 1950nm 高出力CWファイバレーザモジュール  1950 nm 10W 高出力
モジュールタイプ
 1950nm 単一周波数ファイバレーザ  1950 nm 30mW 単一縦モード
 1950nm 高出力単一周波数ファイバレーザ 1950 nm 1W 単一縦モード
高出力
 2μm 産業用ファイバレーザ 2000 nm
2050 nm
10W, 20W, 30W, 40W
50W, 60W, 200W
産業用
プラスチック加工
LISA laser