光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

光変調器ドライバ一覧

LN光変調器は、LiNbO3結晶のポッケルス効果による屈折率変化を利用して変調を行う光変調器で、高速光通信に欠かせないデバイスですが、動作させるには別途ドライバが必要です。弊社では、LN変調器単体の他、LN変調器を動作させるための変調器ドライバも取り扱っています。12.5Gb/sまでのデジタル変調に使えるMD-12-DCと40GHz、50GHzまで使えるMD-40、MD-50がございます。

→LN変調器の原理

写真 製品名・型番・概要 メーカ

12GHz 変調器ドライバ MD-12-DC

MD-12-DCは、LN変調器駆動用のコンパクトな12GHz帯域幅変調器ドライバです。12.5Gb/sのデジタル変調をはじめ、SONET/SDH、15GHzまでのRFアナログ増幅、RoFリンクなどにご使用いただけます。

Optilab

12GHz-光変調器ドライバ /RFアンプ  MD-12-B

MD-12-Bは、シングルエンド入力で外部変調器を駆動できるベンチトップ型12GHz RFアンプです。EML, EAM, Mach-Zehnderデバイスの駆動に利用できます。

Optilab

20GHz-光変調器ドライバ /RFアンプ   MD-20-B

MD-20-Bは、シングルエンド入力で外部変調器を駆動できるベンチトップ型20GHz RFアンプです。EML, EAM, Mach-Zehnderデバイスの駆動に利用できます。

Optilab

20GHz 光変調器ドライバ/DCバイアス調整付 MD-20-M

MD-20-Mは、光変調器を駆動するための高品質なシングルエンド電圧を出力する20GHz帯域幅のコンパクトなRFアンプモジュールです。手動のDCバイアス電圧出力ポートを備えています。

Optilab

40GHz-光変調器ドライバ/RFアンプ MD-40

MD-40は、40GHz用途の広帯域RFアンプで、光変調器、EML、EAMなどを駆動するためのシングルエンド高電圧を出力します。38 GHzの有効帯域幅と30 dBの利得があり、RoFリンクのプリアンプとして利用できます。

Optilab

2ch-40GHz-光変調器ドライバ/RFアンプ  MD-40-X2-R

MD-40-X2-Rは、2チャンネルを1U筐体に組み込んだ40Gb/s帯域幅RFアンプです。各チャンネルはLN変調器を駆動するシングルエンド電圧を出力し、増幅信号を独立に制御、モニターできます。

Optilab
 

4ch-40GHz-光変調器ドライバ/RFアンプ  MD-40-X4-R

MD-40-X4-Rは、4チャンネルを1U筐体に組み込んだ40Gb/s帯域幅RFアンプです。各チャンネルはLN変調器を駆動するシングルエンド電圧を出力し、増幅信号を独立に制御、モニターできます。

Optilab

50GHz-光変調器ドライバ/RFアンプ MD-50

MD-50は、コンパクトで使い易いLN変調器駆動用の50GHz帯域幅RFアンプです。EML, EAM, マッハツェンダー型デバイスの駆動や50GHz帯域幅のRFアンプとしてご利用いただけます。

Optilab
   2ch-50GHz光変調器ドライバ/RFアンプ  MD-50-DX-R

MD-50-DX-Rは、2チャンネルを1U筐体に組み込んだ50GHz帯域幅RFアンプです。各チャンネルはLN変調器を駆動するシングルエンド電圧を出力し、増幅信号を独立に制御、モニターできます。

Optilab