光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

半導体光アンプ(SOA)一覧

ファイバーラボでは、Optilab社製各種波長帯の半導体光アンプ(SOA)をご提供しています。1310nm、1480nm、1550nm、1600nmの通信波長帯SOAではモジュールタイプ、ベンチトップタイプ、1Uラックマウントタイプの3種類のパッケージタイプをご利用いただけます。また、1310nm、1490nm、1550nmの波長帯ではコンパクトな14-Pinバタフライパッケージタイプもご利用いただけます。通信波長帯以外では1064nm帯半導体光アンプ-SOA-1064-Bがございます。

製品写真 製品名・型番・概要

半導体光アンプ SOA-1310/1480/1550/1600

SOA-1310/1480/1550/1600は、1310nm帯、1480nm帯、1550nm帯、1600nm帯の4種類の波長帯をラインアップしています。モジュールタイプ、ベンチトップタイプ、1Uラックマウントタイプの3種類のハウジングがあり、入出力にはSMF或いはPMFを選択できます。

1064nm帯半導体光アンプ SOA-1064-B

SOA-1064-Bは、1064nm帯のハイゲイン半導体光アンプです。入出力にはSMF或いはPMFが選択できます。フロントパネルに液晶モニターディスプレイ、キースイッチ、パワー調節ツマミ、リアパネルにRS232インターフェースを備えたベンチトップタイプです。

1310nm帯半導体光アンプ SOA-1310 – Butterflyパッケージ

SOA-1310-BPは、1310nm帯のハイゲイン半導体光アンプで、1250nm – 1350nmの間の波長で20dBのピークゲインを示します。入出力にはSMF或いはPMFを選択できます。14-pinバタフライパッケージでハーメチックシールされており、サーミスタとTECを備えています。

1490nm帯半導体光アンプ SOA-1490 – Butterflyパッケージ

SOA-1490-BPは、1490nm帯のハイゲイン半導体光アンプで、1450nm – 1530nmの間の波長で20dBのピークゲインを示します。入出力にはSMF或いはPMFを選択できます。14-pinバタフライパッケージでハーメチックシールされており、サーミスタとTECを備えています

1550nm帯半導体光アンプ – Butterflyパッケージ

SOA-1550-BPは、1550nm帯のハイゲイン半導体光アンプで、1510nm – 1590nmの間の波長で20dBのピークゲインを示します。入出力にはSMF或いはPMFを選択できます。14-pinバタフライパッケージでハーメチックシールされており、サーミスタとTECを備えています