光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

フィルタ型光カプラ(偏光保持型)一覧

フィルタ型カプラは誘電体多層膜フィルタを使って光信号を分岐、合波波する部品で、偏光保持タイプのカプラを容易に製造できます。動作波長帯は1064nm, 1310nm, 1550nm, 2000nmの4波長帯で、分岐比1/99 – 50/50のカプラがあります。また、カプラを組み合わせた1×4、1×8モジュールやクラッド径80μmの細径ファイバをピグテイルに使ったタイプがあります。

WDMfilter_PON3waves

タイプ 製品名 波長
 標準的仕様  偏光保持フィルタ型光カプラ  1064, 1310, 1550
 1×4, 1×8モジュール  偏光保持フィルタ型光カプラモジュール  1064, 1310, 1550
 80μmファイバ  80μmファイバ偏光保持フィルタ型光カプラ  1550
 2000nm 帯  2000nm 偏光保持フィルタ型分岐カプラ  2000

 

お問い合わせはこちら



PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.