光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

光サーキュレータ一覧

光サーキュレータは光通信におけるアドドロップ(OADM)や双方向光アンプ、FBGセンサシステムにおける信号光の取り出しなどに使用される光部品です。3ポートと4ポートタイプがあり、3ポートタイプではポート1に入射した光はポート2で、ポート2に入射した光はポート3で出射します。4ポートタイプではポート1→ポート2、ポート2→ポート3、ポート3→ポート4のように光が進み、ポート4→ポート1も可能です。このような特異な光の進み方には、光の進む向きで偏光の回転方向が逆になるファラデー素子の特異な性質が利用されています。また、光アイソレータのように偏光無依存型の光サーキュレータと偏光依存型の光サーキュレータがあります。ファイバーラボでは、各種の波長帯で使える様々なタイプの光サーキュレータをご提供しています。

→光アイソレータの原理

<光部品の機能、主要仕様の紹介ビデオを掲載しております>

rator

波長 (nm) 製品名 ポート数 特徴
 偏光無依存型光サーキュレータ
780
830
850
 780, 830, 850nm光サーキュレータ 3 780nm, 830nm, 850nm
980  980nm光サーキュレータ 3 980nm
1030
1064
  1000nm帯ハイパワー光サーキュレータ (10W)
3 ハイパワー: max. 10W
1060  1060nm-光サーキュレータ (300mW) 3 標準的仕様
(光パワー: max. 300mW)
1550

 マルチモード光サーキュレータ

3 マルチモード
1310
1550
 光サーキュレータ (300mW)
3 標準的仕様
(光パワー: max. 300mW)
1310
1550
1590
1610
1525~1610
 光サーキュレータ (500mW)

3

標準的仕様
(光パワー: max. 500mW)

1310+1550
1310+1580
 デュアルウインドウ光サーキュレータ 

3

デュアルウインドウ

1310
1550
1590
1610
1525~1610
 PMファイバ入出力光サーキュレータ 3 PMファイバ入出力
1310
1550
1590
1610
1525~1610
 ミニサイズ゙光サーキュレータ 3 ミニサイズ
2000  2000nm-光サーキュレータ 3 2000nm
1310
1550
 フルサーキュレーティング光サーキュレータ
3 or 4 フルサーキュレーティング
1⇒2, 2⇒3, 3⇒1
1⇒2, 2⇒3, 3⇒4, 4⇒1
1310
1550
1590
1610
1525-1610
 4ポート光サーキュレータ
4 4ポート
 偏光保持光サーキュレータ
780  780nm-PM光サーキュレータ 3 780nm
980  980nm-PM光サーキュレータ 3 980nm
1030
1064

 1000nm帯ハイパワーPM光サーキュレータ

3 ハイパワー: max 10W
1550  1550nm-ハイパワーPM光サーキュレータ 3 ハイパワー: max 10W
1064
1310
1550
 PM光サーキュレータ (300mW)
3 光パワー: max. 300mW
1550  80μmファイバPM光サーキュレータ 3 80μmクラッドファイバピグテイル
1310
1550
1590
1610
1525-1610 
 PM光サーキュレータ (1000mW)
3 光パワー: max. 1000mW
2000  2000nm-PM光サーキュレータ 3 2000nm
1064
1310
1550
 4ポートPM光サーキュレータ 4 4ポート