光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

広帯域幅 InGaAs-PINフォトディテクタ 一覧

フォトディテクタ(光検出器)は、光通信や光センサにおいて光信号を電気信号に変えるために不可欠な部品です。広帯域幅InGaAS-PINフォトディテクタはアナログ信号やデジタル信号の検出に用いる周波数応答性に優れたフォトディテクタです。40GHzまでのアナログ信号、40Gb/sまでのデジタル信号の検出にご利用いただけます。標準タイプのPD-xxシリーズに比べ、PD-xx-TQシリーズは-40 ~ +75℃の広い温度範囲で動作可能です。また、PD-xx-MMシリーズは光ファイバが50/125のGI型になっています。高感度が必要な場合はAPD-10をご利用いただけます。フォトディテクタモジュールはUSBポートを介してRS-232により状態モニタができます。
→フォトディテクタとは

 広帯域幅 InGaAs PIN フォトディテクタ
 外観  型番
最適受光波長
受光帯域幅
動作温度 ファイバ
アナログ
デジタル
 PD-20 1000 – 1650 nm 60kHz –
10GHz
40 Gb/s -10 ~ 50℃ SMF-28
 PD-20-TQ 1260 – 1600 nm 60kHz –
20GHz
20 Gb/s -40 ~ 75℃ SMF-28
 PD-20-ROSA 1000 – 1650 nm 60kHz –
10GHz
40 Gb/s -50 ~ 85℃ SMF-28
 PD-30
1250 – 1650 nm
60KHz – 32GHz
40 Gb/s
-10 ~ 50℃ SMF-28
 PD-30-MM 1250 – 1650 nm 60KHz – 32GHz 40 Gb/s -10 ~ 50℃ MMF
50/125
 PD-30-TQ 1250 – 1650 nm 60KHz – 32GHz 40 Gb/s -40 ~ 75℃ SMF-28
 PD-40 1000 – 1650 nm 60KHz – 40GHz 40 Gb/s -10 ~ 50℃ SMF-28
 PD-40-MM 1000 – 1650 nm 60KHz – 40GHz 40 Gb/s -10 ~ 50℃ MMF
50/125
 PD-40-TQ 1000 – 1650 nm 60KHz – 40GHz 40 Gb/s -40 ~ 75℃ SMF-28
 APD フォトディテクタ
 APD-10 1250 – 1600 nm 10 Gb/s -40 ~ 85℃

お問い合わせはこちら



PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.