光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

光量測定用 InGaAs-PINフォトダイオード

フォトディテクタ(光検出器)は、光通信や光センサにおいて光信号を電気信号に変えるために不可欠な部品です。ファイバーラボでは、光量測定用フォトディテクタとしてWSPシリーズをお取り扱いしています。
WSPシリーズは、低雑音、低暗電流の InGaAS PIN フォトダイオードで、微小光量の測定に適していまが、帯域幅は2.5GHz以下で高速応答用ではありません。PDパッケージには、TO CANタイプ、ファイバピグテイル付同軸タイプ、レセプタクルタイプの3種類がございます。
→フォトディテクタとは

 外観写真 型番
受光波長(nm)
受光エリア(μm)
帯域幅(GHz)
 TO CAN パッケージ
850 – 1700
55μm
2.5
850 – 1700
75μm
1.5
850 – 1700
300μm
0.5
850 – 1650
300μm
1
850 – 1700
500μm
850 – 1700
1000μm
850 – 1650
2000μm
 ファイバピグテイル
1100 – 1650
55μm
2.0
1100 – 1650
75μm
2.0
1100 – 1650
80μm
2.0
1100 – 1650
100μm
2.0
1100 – 1650
1000μm
2.0
 レセプタクルパッケージ
1100 – 1650
55μm
2.0
1100 – 1650
75μm
2.0
1100 – 1650
80μm
2.0
1100 – 1650
100μm
2.0
1100 – 1650
1000μm
2.0