光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

ITLA波長可変LD光源 製品一覧

ITLA (Integrated Tunable Laser Assembly)型波長可変レーザは、DFBアレイ型レーザを搭載した波長可変レーザです。従来の固定波長光源を使ったDWDMシステムでは保守用に多数のスペア光源を準備しておくことが必要でしたが、波長可変光源を用いることにより運用、保守コストが低減します。

製品写真 製品名・型番・概要 メーカ
 

C-バンド ITLA波長可変LD光源 Bola-TLS

Bola-TLSは、ITLA標準規格に基づいて作製された非常に高信頼なレーザ光源です。任意の広い波長範囲にわたり高速で再現性のよい波長セットが可能です。ベンチトップタイプ、ラックマウントタイプがあります。Bolaが提供する各種の光試験システムに組み込んで使用する際にもフロントパネル制御とリモート制御が可能です。

Bola Technology

 

C-バンド ITLA波長可変レーザモジュール  TWL-C-M

TWL-C-Mは、C-バンドをカバーするDFBアレイ型レーザを搭載した ITLA 型波長可変レーザモジュールです。従来の固定波長光源を使ったDWDMシステムでは保守用に多数のスペア光源を準備しておくことが必要でしたが、波長可変光源を用いることにより運用、保守コストが低減します。TWL-C-Mは、低い相対雑音強度、高いサイドモード抑圧比 、狭線幅、優れた波長精度を特徴とし、OIF-ITLA-MSA規格に準拠しています。

optilab

 

高性能C-バンド ITLA波長可変レーザモジュール  TWL-C-HP-M

TWL-C-HP-Mは、C-バンドをカバーするDFBアレイ型レーザを搭載した ITLA型波長可変レーザモジュールです。従来の固定波長光源を使ったDWDMシステムでは保守用に多数のスペア光源を準備しておくことが必要でしたが、波長可変光源を用いることにより運用、保守コストが低減します。TWL-C-HP-Mは波長スイープ機能を内蔵しています。また、低い相対雑音強度、高いサイドモード抑圧比、超狭線幅、優れた波長精度を特徴とし、OIF-ITLA-MSA規格に準拠しています。

Optilab

 

お問い合わせはこちら



PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.