光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

パルス可変LD光源 一覧

ファイバーラボでは、Optilab社製パルス可変半導体レーザをご提供しています。半導体レーザとパルスドライバを集積したPNLシリーズ、半導体レーザとパルスジェネレータを集積したVPSシリーズ、半導体レーザ、LN光変調器、パルスドライバを集積したPPLシリーズがございます。MOPAレーザ、ライダーなどの構成部品、パルス試験、センサーなどにご利用いただけます。

製品写真 製品名・型番・概要

1064nm-ナノ秒パルス可変LD光源 PNL-1064

PNL-1064は電気パルスでLDを駆動して1064nmナノ秒光パルスを発生させるレーザです。電気パルスをほぼそのまま光パルスに変換できるので、外部パルスジェネレータでプログラムした電気パルスを入力して対応する光パルスを得ることができます。

1550nm-ナノ秒パルス可変半LD光源 PNL-1550

PNL-1550は電気パルスでLDを駆動して1550nmナノ秒光パルスを発生させるレーザです。電気パルスをほぼそのまま光パルスに変換できるので、外部パルスジェネレータでプログラムした電気パルスを入力して対応する光パルスを得ることができます。

1550nm-PG内蔵ナノ秒パルス可変LD光源 VPS-1550-B-A

VPS-1550-B-AにはDFBレーザとパルスジェネレータが集積されており、パルス幅を10ns – 250nsの範囲、繰り返しを4kHz – 200kHzの範囲で可変できます。ピーク光パワーは20mWです。MOPA, LIDAE, OTDRなどのシステム組込に利用できます。

1550nm-PG内蔵ナノ秒パルス可変LD光源モジュール VPS-1550-M-A

VPS-1550-M-AはDFBレーザとパルスジェネレータをコンパクトにモジュール化しています。パルス幅を10ns – 250nsの範囲、繰り返しを4kHz – 200kHzの範囲で可変できます。ピーク光パワーは20mWです。MOPA, LIDAE, OTDRなどのシステム組込に利用できます。

1064nm-ピコ秒パルス可変LD光源 PPL-1064-PM

PPL-1064-PMは電気パルスで変調器を駆動して波長1064nmのピコ秒光パルスを発生させる半導体レーザです。お客様でご用意されたパルスジェネレータを使用して100 ps以下、100 MHzまでの光パルスを発生させることができます。

1550nm-ピコ秒パルス可変LD光源 PPL-1550-PM

PPL-1550-PMは電気パルスで変調器を駆動して波長1550nmのピコ秒光パルスを発生させる半導体レーザです。お客様でご用意されたパルスジェネレータを使用して100 ps以下、100 MHzまでの光パルスを発生させることができます。