光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

波長可変LD光源 一覧

ファイバーラボでは、Optilab社製波長可変半導体レーザをご提供しています。スペクトル純度が高く、波長可変範囲が広く、狭線幅、優れた波長・出力の安定性、高いサイドモード抑圧比を特徴としています。また、TLS-C-Bは波長可変に加え波長スイープ機能をもっています。

製品写真 製品名・型番・概要 メーカ
 

C band 波長可変LD光源  TWL-C-R

TWL-C-Rは、スペクトル純度の高い安定なC-band 波長可変レーザです。波長可変範囲が広く、狭線幅、優れた波長、出力の安定性、高いサイドモード抑圧比に加え30mWの高出力です。出力は、標準的なPMファイバからの直線偏光出力です。

Optilab

 

L band 波長可変LD光源  TWL-L-R

TWL-L-Rは、スペクトル純度の高い安定なL-band 波長可変レーザです。波長可変範囲が広く、狭線幅、優れた波長、出力の安定性、高いサイドモード抑圧比に加え30mWの高出力です。出力は、標準的なPMファイバからの直線偏光出力です。

Optilab

 

C+L band 波長可変LD光源 TWL-CL-R

TWL-CL-Rは、スペクトル純度の高い安定なC+L-band 波長可変レーザです。波長可変範囲が広く、狭線幅、優れた波長、出力の安定性、高いサイドモード抑圧比に加え30mWの高出力です。出力は、標準的なPMファイバからの直線偏光出力です。

Optilab

 

1550nm 波長スイープレーザモジュール

SWL-1550-Mは、主にFBGセンサシステムのインテロゲータ用に設計された1550nm帯の高速波長掃引レーザモジュールです。高速チューナブルレーザ光源と制御回路を内蔵しており、電圧入力により波長スイープを行います。

Optilab