Genia Photonics 社のコヒーレントラマン分光システムは固体、液体、気体の定量的知見を得るのに役立つ汎用性の高い分光システムです。このシステムはシンクロナイズドレーザ主体に設計されており、分光計を使うことなく高感度光検出器のみで分子のトレース検出、分析を行うことができます。グラフィカルユーザインターフェースですので、測定試料に関する精細かつ正確な知見を簡単にディスプレイ表示できます。

■特徴

 ・高感度
 ・高分解能
 ・高速
 ・完全設定可能なGUI
 ・遠隔測定が可能なファイバシステム
 ・高信頼で簡単に使えます
crss-1

 

crss-2 技術的特徴

– 光通信技術と高速電子回路技術を利用
– 全コンピュータ制御レーザシステム
– 堅牢設計、可動部なし

crss-3 非線形分子分光

– コヒレーントラマン分光に基づくプログラマブルファイバレーザ
– CARS & FM-CARS
– SRS & FM-SRS
– 2825 cm-1 ~ 3000 cm-1 の分子スペクトル

 

■仕様

システムパラメータ  値
スペクトル範囲 2825 cm-1 – 3000 cm-1
最大分解能 < 2.5 cm-1
S/N比 < 60dB
短期安定性 < 5% shot to shot
長期安定性 < 10% (24H)
レーザ光源 シンクロナイズドプログラマブルレーザ

■表示例

crss-4