シンクロナイズドレーザは、波長可変ピコ秒レーザとピコ秒MOPAレーザをユニット化したレーザシステムで、同期した2波長のピコ秒パルスを出力させることができます。非線形分光に適したシステムで、例えば、コヒーレント・アンチストークス・ラマン散乱(CARS)分光では、波長スイープレーザをストークス光光源、MOPAレーザをポンプ/プローブ光源に利用してCARS光を発生させ鮮明なCARSイメージを得ることができます。また、非線形効果を利用した中赤外光やテラヘルツ波の発生に用いることができます。

 

■特徴

 ・ファイバベースデザイン
 ・ファイバ出力
 ・ピコ秒短パルス
 ・簡単設置
 ・電気出力信号
 ・簡単なコンピュータ制御
SL_Front
■用途

 ・コヒーレントアンティストークスラマン散乱分光(CARS)

 ・バイオメディカル
 ・中赤外光、テラヘルツ波発生
SL_Back

■システム構成
SLSCHEME1

SLSCHEME2

型番 SL-1050-0792-212-01
波長可変レーザ
 波長可変範囲 1020~1080nm
 波長ステップ分解能 >150pm (>1.5 cm-1)
 スペクトル幅 <400pm (< 4cm-1)
 パルス幅 22±5ps(工場出荷時に固定)
 平均出力 >100mW(全波長範囲、
FC/APCコネクタ付PMファイバ出力)
 繰り返し速度 40~120MHz (調節可)
 トリガー PT(各光パルスに対する電気パルストリガー出力)
MOPAレーザ
 波長 792.5 nm(セパレートSHGミキサー付)
 スペクトル幅 <225pm(<2.5cm-1)
 パルス幅 16±4ps工場出荷時に固定)
 平均出力 >100mW (PM空間出力)
 繰り返し速度 40~120MHz(調節可)
 トリガー PT(各光パルスに対する電気パルストリガー出力)
同期パラメータ
 繰返し速度 40~120MHz
 同期ジッター(RMS) <パルス間隔の5%
含む:波長変化シグナルトリガー
含む:レーザ毎の電気パルストリガー出力
 筐体 19インチラックマウント(電源を含む)
 トリガー -WC(波長変化トリガー)
-PT (各光パルスに対する電気パルストリガー出力)
 メーカ Genia Photonics