耐放射線ファイバは、放射線照射による損失増が小さく、また、損失の回復が通常より早いファイバです。j-fiber社製RH-SMFは1.3μm帯と1.5μm帯で使用でき、照射線量22rad/s /0.22Gy/sにおける損失増が20dB/100m @ 835nm、1.2dB/100m @ 1307nmです。

■ 特徴

 ・放射線下での低い損失変化
 ・通常のSMFに比べ素早い回復時間
 ・1300nm/1500nm帯で使用
 ・オプションで500μmコーティング可

 

■ 用途

 ・産業分野
 ・宇宙分野
 ・センサー

■ 仕様

 パラメータ RH-SMF
 ファイバタイプ
シングルモードファイバ
 クラッド径
125±1.0μm
 コーティング径
245 ±5μm
 損失 @ 1310/1550nm
≦0.40/≦0.25 dB/km
 損失 @ 1383nm (OH吸収)
≦1.0 dB/km
 MFD @ 1310/1550nm
9.2±0.4/10.5±0.8 μm
 カットオフ波長
1190 – 1330 nm
 プルーフ試験
≧8.8N
 メーカ
Leoni(j-fiber)

■ 耐放射線特性

1) パルス照射特性

 パラメータ 仕様値
 照射線量
2700rad/27Gy
 パルス幅
50ns
 波長
1310nm
 光パワー
1μW
 温度
室温
 損失増
<1.0 dB/km (照射1分後)

2) 連続照射特性

 パラメータ 仕様値
 照射線量
22rad/s /0.22Gy/s
 最大線量
10*5rad/10*3Gy
 光パワー
1μW
 温度
25℃
 損失増
20.8dB/100m @835nm
1.2dB/100m @1307nm