Resolution Spectra Systems社のLW-10波長計は、優れた集積化技術により実現したコストパフォーマンスのよい高性能でコンパクトなレーザ波長計です。20MHzの分解能と200MHzの絶対精度を持っていますので、Ti:Sapphire, DFB, ECDLなど630 – 1100nmの波長範囲のチューナブルレーザの波長モニターに最適です。

 

■ 特徴

・20MHzの分解能
・200MHzの絶対精度
・パルスレーザ、CWレーザ両用
・使い易いSpectraResolverソフト
・コンパクト

■ 用途

・単一周波数レーザ用(パルス&CWレーザ)
・波長可変レーザ制御
・レーザ安定性制御
・周波数ロック

■ オプション

・マルチチャンネル
・レーザ制御PID
・レーザスペクトラムアナライザー機能

 
 

■ 仕様

 型番 LW-10 Wavelebgth Meter
 波長範囲 700 – 1000 nm
 オプション波長範囲 630 – 700 / 1000 – 1100 nm
 波長分解能(1) 20 MHz
 絶対精度(2)(3)(4) 200 MHz
 最大線幅  30 GHz
 リアルタイム測定速度(5) > 20 Hz
 最大測定速度 600 Hz
 露光時間 16 μs – 10 s
 入力パワー範囲(6) 10 nW – 1000 μW
 光入力 FC/APC PM singlemode fiber N.A. 0.12
 消費電力 11 W – 450 mA @ 24 VDC
 通信インターフェース Gigabit Ethernet
 サイズ 14.9 x 8.6 x 8 cm
 重量 1 kg
 メーカ Resolution Spectra Systems

(1) 700-1000nmでの値(2)16-30℃でキャリブレーション。品質チェック、キャリブレーション法はSpectraresolverを利用
(3)周囲温度変化±0.5℃/H, 一定エアフロー、30分以上ウォームアップでの値
(4)標準偏差3σ区間
(5)PCの機種とセッティングに依存します
(6)シングルモード偏波保持ファイバ入射時

■ SpectraResolverソフトの機能

 適合ソフト Windows 7, 8 & 10
 単位変更 nm (vacuum and standard air) / cm-1 / THz
 ソフトウエア開発キット C/C++, DotNet, VIs libraries
 トリガー フロントトリガー