光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社
レーザ関連機器・部品

■製品名:スペックルリデューサ

レーザ源で照明をする場合、最も厄介な側面は、スペックルです。
このスペックルの原因は、レーザ光源のコヒーレンスによるもので、ビームの形状に大きな出力と小さな出力が混在する為、出力が均一になりません。
Micro Laser Systems社のSK11 スペックルリデューサは、レーザのコヒレンスを低減することで画質を向上させることが出来ます。
ファイバの長さは、コヒレンスをこえて、異なった長さになっております。
顕微鏡で使用される単色光での観察にも、スペックルリデューサに可動部分が無いため、振動が画像に乗ることは在りません。
また、対物レンズの色収差も排除いたします。
他にガウシアンのビーム形状を、均一化することができ、レーザの波長も375- 1600 nmと非常に長く、色々なレーザに使用出来ます。

 

■ 特徴

・波長450 – 950 nm まで使用可

・可動部品無

・2, 3, 5 mmのアパーチャー

・ビーム形状をよりよく

・高出力にも最適

 

 



PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.