Optilab社製RLS-5-Rラマン用レーザ光源は、ラマンアンプ開発のための光源です。適用するネットワークに応じた10波長からポンプ波長を選択できます。RLS-5-Rは長距離DWDM通信での光増幅やCATVの延伸に使用できます。ラマンアンプはEDFAと異なり光ファイバの非線形効果を利用した増幅方式です。伝送用光ファイバ自身が増幅媒体となりますので伝送路中に設置してインラインアンプとして使用したり、受光レベルを上げるためにレシーバ直前に設置してプリアンプとして使用します。

 

特徴

・Max 5台のラマンポンプレーザ
・10波長から波長を選択
・ネットワークに応じてカスタマイズ可能
・!Uラックマウント
・LabVIEW制御

用途

・DWDM
・長距離通信
・HFCネットワーク
・海底ケーブル
・研究開発

■ 機能ブロック図

■ 仕様

型番 NPL-1064-200W-B
光仕様
ポンプレーザタイプ TEC冷却、FBG波長安定化
ポンプレーザ数 Max. 5
ポンプ波長 1420 – 1490 nmから選択 (表1をご覧ください)
ポンプ波長トレランス ±1.0 nm
レーザ線幅 1.0 nm max.
偏光度 5% max.
光アイソレーション 30 dB typ.
出力安定性 0.1 dB (8 hs)
機械的仕様
動作温度 0℃ ~ +50℃
保管温度 -10℃ ~ +70℃
電源 8-240 V, 43-63 Hz AC
消費電力 100 W max.
ディスプレイ 出力レベル、TEC温度
制御/モニタリング ポンプレーザ温度、電流
通信インターフェース RS-232
アラーム 過剰温度上昇、過剰電流
サイズ 1RU: 19” x 20.5”x 1.75”
表1. ご利用可能なポンプレーザ
波長 シングルポンプ デュアルポンプ
1420 nm 240 mW 400 mW
1426 nm 300 mW 480 mW
1435 nm 240 mW 400 mW
1440 nm 240 mW 400 mW
1444 nm 240 mW 400 mW
1455 nm 240 mW 400 mW
1462 nm 240 mW 400 mW
1471 nm 280 mW 440 mW
1480 nm 300 mW N/A
1490 nm 240 mW 440 mW

 

■ その他インフォメーション