CWDM光パワーメータ:OCPM-18は、18チャンネルのCWDM波長のパワーを一度に測定できます。ハンディタイプ、低消費電力の使い易い光通信フィールド試験器です。 

ocpm-18  特徴・PLCデバイス

・LTE, CWDM, PONシステムでの多波長&パワー同時測定
・CWDM-18チャンネルを一度に自動測定
・簡単、迅速測定
・低消費電力
・見やすいカラーグラフ表示
・1000データを蓄積、読み出し
・ソフトウエアによるデータ管理
・自動電源OFF

仕様 CWDMとは?
 型番
OCPM-18
 チャネル帯域幅 nm 8
 測定精度 dB ±0.5 @ -40 dBm
 チャネル数
Ch.
18
 動作波長
nm
1270 ~ 1610
 チャンネル間隔
nm
20
 測定スピード
< 0.8
 測定範囲
dBm
+10 ~ -40
 ディスプレイ分解能
dB
0.01
 光コネクタ
SC/PC (FC, ST, SC, LC アダプタ)
 バッテリー
Li-ポリマー、 1800 mAh/3.7 V
 バッテリー駆動時間
420(フルチャージ)
 ディスプレイ
2.8″TFT-LCD, 16 bit Color, 240 x 320
 動作温度
-20 ~ +55
 重量
g
330
 サイズ
mm
154.9 x 77.9 x 33.5
 メーカ
PPI Inc.
ディスプレイの表示例

スキャンボタン ocpm-18-scan2を押すと光源のスキャンが始まり測定値が表示されます。

ocpm-18-scan

 

スキャンの後、Graphボタン ocpm-18-graph2を押すと下のようなグラフが表示されます。
もう一度押すとデータ表示に戻ります。

ocpm-18-graph ocpm-18-2