MD-40-X2-Rは、2チャンネルを1U筐体に組み込んだ40Gb/s帯域幅RFアンプです。各チャンネルはLN変調器を駆動するシングルエンド電圧を出力し、増幅信号を独立に制御、モニターできます。主な用途はEML, EMA, Mach-Zehnder変調器等の駆動で、40Gb/sの入力信号を>7.5Vp-pの駆動電圧レベルに増幅します。平坦な利得と群遅延応答でデジタル用途のための高品質、低ジッター電気駆動信号を発生しますので、有効帯域幅38GHzまでの広帯域RFアンプとしてもご利用いただけます。27dBのハイゲインですので多くのRoFリンクに利用可能です。

 特徴

・2チャンネルドライバ/アンプ
・32GHz超のアナログ帯域幅
・40Gb/s超のデータ速度
・2つの独立したRFチャンネル
・可変ゲインコントロール内蔵
・2.4mmコネクタ(オプション K)
・USBによるリモート制御

 用途

・40Gb/sデジタル変調
・38 GHzアナログRFアンプ
・RoFリンク用アンプ
・OC 768 SONET/SDH
・一般的ラボ試験

                 MD-40-X2-R

 仕様 データシートPDF LN変調器の原理
型番 MD-40-X2-R
 一般仕様
 3dB S21帯域幅
32 GHz typ.
 S11特性
<-8 db @ 40 GHz
 飽和出力
> 21 dBm typ.
 RFゲイン
27 dB 利用可
 ゲインリップル
±2.5 dB over 2GHz
 入出力インピーダンス
50 Ω
 入力リターンロス
10 dB min.
 出力リターンロス
10 dB min.
 総消費電力
2 W max.
 ゲイン調節範囲
10 dB min.
 デジタル応用
 データ速度
> 40 Gb/s
 パルス応答
20%-80% 立ち上がり時間 12 ps typ.
 出力振幅
7.5 Vp-p max.
 入力範囲
500 mV – 1.5 V
 アナログ応用
 有効周波数範囲
30 kHz – 38 GHz (-6 dB)
 P1dB出力
> 23 dBm max.
 グループディレイ (2 -10 GHz)
±25 ps
 ノイズフィギュア
11 dB typ.
 小信号ゲイン
30 dB typ.
 機械的仕様
 動作温度
0 ℃ ~ +60 ℃
 保管温度
-40 ℃ ~ +90 ℃
 動作湿度
85 %
 電源
110/220 V AC, 50/60 Hz
 アクセサリー
AC電源コード,  USBコード
 RF 入出力コネクタ
2.4 mm(V), K コネクタ(オプション)
 ディスプレイ出力
デュアル LCD
 リモートコントロール
USB2.0
 メーカ
Optilab