PD-20-Mは、20GHz帯域幅のフォトダイオードモジュールで、Radio over Fiber、リモートアンテナ、広帯域RF伝送などの光ファイバを使ったRF信号伝送の光受信機に利用できます。最大35mWの光入力が可能な低歪みPINフォトダイオードを使用しており、20GHzの光⇒RF変換ができます。また、標準的なUSB 2.0ポートを介してRS232による状態モニターが可能です。Optilab社の光トランスミッタLTシリーズと組み合わせて広帯域幅RoFリンクを構成できます。

 特徴

・最大20GHzの広い帯域幅
・広いダイナミックレンジ
・35 mWの高い入射パワー
・アナログ信号伝送での高い直線性
・TIAを使わない本来の位相直線性
・RS-232による状態モニタ(標準)
・USBポートを介したパワー、遠隔モニタ
・標準3年保証

■ 用途

・ 広帯域 RF over Fiber システム
・ RF/IF信号分配
・ 衛星通信マイクロ波アンテナ信号分配
・ EWシステム
・ 広帯域ディレイライン&信号処理
・ライダーレシーバ
・位相、干渉アレイアンテナ

pd-20_30_40-m-1
PD-20-M
機能ブロック図

pd-20-m-2

 仕様(データシートPDF)
フォトダイオード(PD)とは?
 型番 PD-20-M
 一般仕様
 PD波長範囲
1260 nm – 1600 nm
 動作帯域幅
60 kHz – 20 GHz
 光入力レベル
35 mW max.
 応答性
0.85 A/W @ 1550 nm typ.
0.90 A/W @ 1310 nm typ.
0.40 A/W @ 850 nm typ.
17 GHz min., 19 GHz typ.
 S22特性
< -10 dB @ 20 GHz
-30 dB typ.
-70.0 dBc max.
-75.0 dBc max.
 PDL @ 1550 nm
0.05 dB max.
 出力カップリング
ACカップル
 RFインピーダンス
50 Ω
 帯域幅リップル
±1.0 dB max.
 LT-20を使ったリンク特性
 SFDR
113 dB Hz2/3
-20 dB @ 10 dBm 光
 機械的仕様
 動作温度
-10 ℃ ~ +50 ℃
 保管温度
-20℃ ~ +80 ℃
 電源
+5 V DC, 500 mA max.
 光コネクタ
(→光コネクタとは)
FC/APC, SC/APC(オプション)
 RF 入力コネクタ
K コネクタ 雌型, 50Ω
 DC コネクタ
プラグインタイプ
 ローカルアラーム
LED: 光入力パワー
 リモートアラーム
RS-485(標準)via USB
 サイズ
82 mm x 56 mm x 25 mm
 アクセサリー
110 V – 240 V AC USB アダプタ & ケーブル
 メーカ
Optilab