光パワーモニタリングファイバアレイ:FMAシリーズは、パワーモニタ用PDとファイバアレイが集積化さており、AWG、PLCスプリッタなどの各チャンネルのインライン光パワーモニタができます。通常のファイバアレイとほぼ同程度にコンパクトで、ファイバのメタライズやARコートも可能です。

■ 特徴

  ・光パワーモニタ用PD集積ファイバアレイ
  ・高精度なファイバコア位置
  ・Siとガラスベースのアレイが利用できます
  ・同一サイズシリコンオンシリコンによる高信頼性
  ・低挿入損失、高信頼性
  ・ARコート可能

■ 用途

  ・チャンネルデバイスへの光パワーフィードバック
  ・ビームスプリッタ、AWG、VOA、光スイッチ、EDFAなど
  ・アクフィブアレイ(LD、VCSEL)

LUMICLE-FMA

 

■ 仕様

   型番   FMA
   Tap比   2% 5% 10%  
 チャンネル数 ポート 8   –
 材質(蓋/基板) Si/Si   –
 ファイバタイプ シングルモードファイバ   –
 挿入損失 dB < 0.5 < 0.8 < 1.0   –
 応答性 mA/W > 15 > 30 > 50   –
 リターンロス dB > 50 @ 角度研磨
 帯域幅 MHz < 500   –
 ダイレクティビティ dB ~ -7   –
 隣接クロストーク dB < 35   –
 研磨角度 ° 標準:0, 8, 12, (±0.3) カスタマイズ可
 コアピッチ μm 250±0.5   –
 コネクタタイプ LC, SC, FC カスタマイズ可
 動作温度 0 ~ +70   –
 保管温度 -40 ~ +85   –
 サイズ mm 4.0(W) x 10.0(L) x 2.0(H)   –
 メーカ   – LUMICLE   –

■ 構造の詳細

LUMICLE-FMA2