このモデルの波長安定性化レーザは、線幅と波長拡がりを抑える為のグレーティングが、組み込まれております。 また、全てのモデルには、温度制御することで、高い安定性と低いノイズを達成しております。
実験測定中のモードホップは、データの取り直しなどお客様の貴重な時間を費やします。 お客様の必要な要求に対応するために、実験中モードホップを最小限に抑えたり、起こさなくするような機能を有します。
ターンキーレーザシステムは、コンセントを差し込み、ターンキーを回すだけで簡単に操作できます。
外付けのヒートシンクは、必要ありません。
OEMのシステムには、レーザの出力、温度の設定をボード上のPOTからコントロールできます。

特徴

・405 nm -1550 nm

・ガウシアンビーム

・狭線幅

・フリースペース またはファイバカプラ

・高い安定性

・OEMやターンキー

 レーザ用光学部品・アクセサリーはこちら

 

各モデルの波長、スペクトル幅と出力

Lepton IV グレーティング安定化空間出力LD光源
波長 スペクトル幅 出力
405+/-1nm <160MHz 32mW
638+/-1nm <50MHz 6mW, 15mW
660+/-1nm <50MHz 28mW
760+/-1nm <2MHz 32mW
785+/-1nm <50MHz 64mW
785+/-1nm 0.1nm 450mW
808+/-1nm <50MHz 135mW
830+/-1nm 0.1nm 450mW
852+/-1nm <2MHz 115mW
976+/-1nm <2MHz 115mW
1060+/-1nm <2MHz 115mW
1550+/-3nm <10MHz 20mW
Micro Laser Systems Inc.