ナノ秒-パルス可変ファブリペローレーザ光源モジュール(NPL-FP-XXXX-M)は、MOPA、LIDAR、OTDRレーザーシステムなどの開発と応用に理想的な機能ブロックを有しております。この完全に統合されたコンパクトなモジュールは、ファブリペロー(FP)レーザーと可変ナノ秒パルス発生回路を含んでいます。1550nmの中心波長の場合20mWの最大出量、10ns~1000nsまでのプログラム可能なパルス幅、100Hz~1MHzの選択可能な繰り返しなどの性能を備えております。加えて、光パルス発生は、外部の電気的トリガを介して制御することができます。

 

■ 特徴

・標準波長: 1550±20nm
・中心波長1310nm,1610nmも選択可能
・外部パルス発生器が必要ない
・パルス幅 : 10ns~1000ns, プログラム制御
・繰り返し : 100Hz~1MHzで選択可
・100mWのピークパワー
・USB経由RS-232インターフェース

■ 用途

・MOPA用マスターオシレーション
・ライダー用パルス光源
・OTDR用レーザ
・パルス光機器
・ラマン分布型センサ

■ 機能ブロック図

■仕様 半導体レーザとは
 型番 NPL-FP-XXXX-M
 光仕様
 中心波長 1310nm, 1550nm, 1610nm
 レーザタイプ ファブリペロー
 レーザ線幅 < 3 MHz
 パルス幅 10 ns – 1000 ns (選択可)
 繰り返し周波数 100 Hz – 1 MHz(選択可)
 パルスコントラスト比 50 dB typ.
 ピークパワー 20 mW typ.
 入力トリガーレベル > 3.5 V
 トリガーコネクタ SMA female 50Ω
 光コネクタ
(→光コネクタとは)
FC/APC, その他選択可
 機械的仕様
 動作温度 -10 ~ +60 ℃
 保管温度 -40 ~ +70 ℃
 動作湿度 10 ~ 90 %RH
 電源 +5 V , 1 A max.
 アクセサリー PS-5電源 & ケーブル
 冷却 パッシブ
 インターフェース USB2.0経由のRS-232
 出力ファイバ SMF-28 or PANDA(PM)
 サイズ 115 x 106 x 24.5 mm
 メーカ Optilab