VPS-1550-M-Aはパルス幅、繰り返し速度可変DFBレーザ光源モジュールで、MOPA、ライダー、OTDRなどのレーザシステムに最適な光源です。光源にはDFBレーザと可変ナノパルス発生回路が集積されています。1550nmの波長でピークパワー20mW、パルス可変幅10ns – 250 ns、繰り返し速度可変4kHz – 200kHzです。パルス発生は外部トリガー制御が可能です。

特徴

・DFBレーザ波長: 1550±10nm

・外部パルスジェネレータ不用
・パルス幅: 10ns – 250 ns可変
・繰り返し速度: 4kHz – 200 kHz可変
・20mWピークパワー
・20波長以上を利用可能
・RS-232インターフェース

 

■ 用途

・MOPA用マスターオシレーション

・ライダー用パルス光源
・OTDR用レーザ
・パルス光機器
・ラマン分布型センサ

olb-vps-1550-m-a-1 
 VPS-1550-B-A

機能ブロック図

olb-vps-1550-b-a-2

仕様 半導体レーザーとは?
 型番 VPS-1550-M-A
 光仕様
 中心波長 1550±10 nm
 オプション波長 1570 nm – 1600 nm
 レーザタイプ DFB 14 pin バタフライ
 レーザ線幅 < 3 MHz
 パルス幅 10 ns – 250 ns (選択可)
 パルス繰り返し速度 4 kHz – 200 kHz(選択可)
 パルスコントラスト比 50 dB typ.
 ピークパワー 20 mW typ.
 入力トリガーレベル > 3.5 V
 電気コネクタ DB-9
 光コネクタ FC/APC
 機械的仕様
 動作温度 -10 ~ +60 ℃
 保管温度 -40 ~ +70 ℃
 動作湿度 10 ~ 90 %RH
 電源 +5 V , 1 A max.
 アクセサリー PS-5電源 & ケーブル
 冷却 パッシブ
 インターフェース RS-232
 出力ファイバ SMF-28 or PANDA(PM)
 サイズ 150 x 125 x 22 mm
 メーカ Optilab

 

■ 寸法図とピン配置

olb-vps-1550-b-a-3

■ 特性測定例

olb-vps-1550-b-a-4