光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

ファイバーラボ長期ビジョンFL2030

  • HOME »
  • ファイバーラボ長期ビジョンFL2030

 

1. 長期ビジョンFL2030作成の背景

 

今後10年の間に日本をはじめ多くの国で社会の大きな変革が予想されます。

▶ 一つは、技術の変化であり、従来主流だった自然科学をベースとした技術に替わり、IoT、AI、自動運転などに代表されるソフトウエアをベースとした技術の果たす役割が飛躍的に高まることです。技術は、従来的道具開発から知的機能をもつ製品、人の能力拡張、能力の共有化などに向かうと予想されます。

▶ もう一つは、世代交代による価値観の変化であり、高齢者層に顕著なモノ重視の価値観から、若い世代に特徴的な社会や人との繋がり重視の価値観に変わっていくことです。

▶ また、GDPが増大し物質的に豊になっても人の幸福度が減少している問題があります。これは、現在の企業の仕組みにも一因があり、人をより幸福にする企業の仕組み造りも必要と考えられます。

2030年に向けたキーワードは「人」であり、企業の使命は単なる製品供給に留まらず、人の幸福に寄与することが求められています。

 

 

2. ファイバーラボの事業に取り組む姿勢

 

 

企業は人の生活を豊かにするために存在します。このミッションを果たすため、ファイバーラボは製品やサービスはもとより企業活動の全てを人中心に考え、行動することを社是とします。

ファイバーラボは人や社会に必要とされる存在であることを最も大切と考えています。人や社会が必要とするものは時代と共に変わっていきます。従って、いつの時代でも必要とされるためには常に新しい技術を磨き、新しい製品やサービスを生み出していくことが必要となります。その意味で、ファイバーラボは社会と共に進化し、限りなく成長することを経営理念とします。

企業が製品をお客様に提供し利益を得ることは当然ですが、社会的に意義ある企業であるためにはこの取引に関係するお客様、取引先、ファイバーラボ社員全てにとって取引が価値あるものでなければなりません。この意味で、ファイバーラボはお客様、取引先、社員と共に歩む会社を目指します

 

3. 2030年に向けた4つのチャレンジ

 

ファイバーラボはこれからの社会変化を認識し、新しい時代が求める製品やサービスを提供すること、新しい時代に相応しい企業の在り方にチャレンジします。

 

 

 

 2018年3月26日

お問い合わせはこちら



PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.