光技術を通した社会貢献を | ファイバーラボ株式会社

ラマンアンプ

  • HOME »
  • ラマンアンプ

ラマンアンプはEDFAと異なり伝送路の光ファイバ自体をゲイン媒体として利用するアンプです。
RA-Rは、長距離DWDMネットワークの損失補償、HFC/CATVにおける延伸への利用を目的に設計された光アンプで、伝送路途中での信号増幅(インラインアンプ)、受信機直前での信号増幅(プリアンプ)に利用できます。
RLS-5-Rは、ラマンアンプ開発のためのマルチポンプ光源です。適用するネットワークに応じて10波長から必要な波長のLDを最大5個まで選択できます。

 

外観写真 製品名/型番 メーカ
ラマンアンプ:RA-R

RA-Rは長距離DWDMネットワークの損失補償、HFC/CATVにおける延伸への利用を目的に設計された光アンプで、伝送路途中での信号増幅(インラインアンプ)、受信機直前での信号増幅(プリアンプ)に利用できます。C-バンド、CL-バンドの二つの波長帯をご利用いただけます。

Optilab
ラマン用レーザ光源:RLS-5-R

RLS-5-Rラマン用レーザ光源は、ラマンアンプ開発のための光源です。適用するネットワークに応じて10波長からポンプ波長を最大5個選択できます。

Optilab

 

PAGETOP
Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.