1080nm マルチモードCWファイバレーザ MFCシリーズは、Ybドープファイバを使った高出力、高品質ビームでエネルギー効率のよい1080m-連続発振ファイバレーザです。安定性に優れ、信頼性が高く、ポンプLD寿命は10万時間以上です。シングルモードレーザに比べ出力が高いので加工速度が速く、厚板加工も容易です。

■特徴
 
 ・波長範囲:1070~1090nm
 ・ビーム品質TEM00:M2<3
 ・水冷
 ・ポンプLD寿命>100,000時間
 ・メンテナンスフリー
 ・マルチモードファイバ伝送 

■用途

 ・材料加工
 ・SHG発生
 ・医療

Maxphotonics-mfmc
型番 MFMC-2000 MFMC-2500 MFMC-4000 MFMC-6000
中心波長 1080±4nm
偏光 ランダム
出力 2000W 2500W 4000W 6000W
フィードファイバ 100μm,200μm,300μm径を利用できます
出力可変範囲 10~100%
出力安定(t>5h) ≦3%
出力ファイバ長 5~20m
動作電圧 380VAC
消費電力@20℃ <8kW <10Kw <16kW <24kW
冷却 水冷
動作温度 0~40℃
保管温度 -10~60℃
サイズ (LxWxH) mm 856x806x1186 1480x806x1482 2080x806x2082
メーカ MAXPHOTONICS