開発力・製造力・商社力 三つの力でお客様のご要望にお応えいたします

CWファイバレーザ 一覧

ファイバレーザは希土類元素ドープファイバを増幅媒体として用いる固体レーザの一種で、小型軽量、高効率、メンテナンスが容易、優れたビーム品質などの特徴があります。発振波長はドープされる希土類元素の種類によって異なります。1060nmの発振にはYb, 1550nmの発振にはEr, 1900-2000nmの発振にはTmが使用されます。連続発振(CW)ファイバレーザの主な用途は溶接などの加工分野です。1μm帯のレーザ光は金属によく吸収されるので金属加工に適しています。一方、1950-2000nmのレーザ光は樹脂や水分に吸収されやすいためプラスチック加工、医療、ガスセンシングなどに適しています。
→ファイバレーザとは

 製品写真 型番 中心波長 出力 用途  メーカ
 CWFL-1060-10/30/50 1060 nm 10/30/50 W
 加工 Optisiv
 CKLP-1064-B-NL 1064 nm 2 W  シードレーザ/
試験&測定
Techwin
 VFLS-10-1/5/10/20 1040-1090 nm 1/5/10/20 W
試験&測定
科学
Connet

   VFLS-15-1/5/10/20  1530-1561 nm  1/5/10/20 W 通信
加工
医療 
試験&測定 
 VFLS-1908-B 1908 nm 40 W 医療
中赤外ポンプ光源


 VFLS-1940/1950-B 1940 nm
1950 nm
40 W
 MFSC-5/10 1064 nm 5/10 W  研究
MAX
PHOTONICS
 MFSC-20/30 1064 nm  20/30 W 
 MFSC-50/70 1064 nm  50/70 W 
 MXLS-915/975/1064 915 nm
975 nm
1064 nm
20W
20 W
0.5 W
ポンプ光源
 MFSC-200W/300L 1080 nm 200/250 W 加工  
 MFSC-300/500 1080 nm 300/500 W
 MFSC-700/800/1000/1200/1300/1500 1080 nm 700/800/
1000 W
   MFSC-2000 1080 nm 2000 W
 MFSC-3000/4000 1080 nm 3000/4000 W
 MFSC-5000  1080 nm  5000 W
   MFMC-2000/2500/3000/4000 1080 nm 2000/2500/
3000/4000 W
 MFMC-6000 1080 nm 6000 W
 MFMC-8000/10000/12000 1080 nm 8000/10000/
12000 W
 MFMC-20000/25000 1080 nm 20000/25000 W
 MFMC-35000 1080 nm 35000 W
 CWFL-1550-10  1550 nm 10 W  加工/医療 Optisiv
 AP-CW  1950 nm 200 mW LiDAR/
センシング/
試験&測定 


Advalue
Photonics
 AP-CW1  1950 nm 5 W
 AP-CW1-MOD  1950 nm 10 W 加工/医療
 IFL-10/20/30/40
/50/60/200
2000 nm
2050 nm
110/20/30/40/
50/60/200 W
 加工 LISA laser

お問い合わせはこちら



Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
page-onecolumn
PAGETOP