DQPSK (Dual Quadrature Phase Shift Keying)光変調器 DQPSK-OM-12は、2つのMach-Zender光変調器をパラレルに配置した構成になっています。各変調器は12Gb/sの信号変調ができます。集積化ポラライザによりDQPSK変調フォーマットに要求される高い消光比が得られます。

■ 用途

・DQPSK伝送
・BPSK, DPSK変調
・2×12 Gb/sリンク
・研究開発
・フリースペース通信

■ 特徴

・RF2入力ポートデュアルMZI
・12Gb/s帯域幅
・4DCバイアスポート
・5dBの低挿入損失
・25 dB以上の消光比

 

仕様 (データシートPDF LN変調器の原理
 型番 DQPSK-OM-12
 一般仕様
 レーザ波長 1554 nm
 バイアスA Vpi 3.3
 バイアスB Vpi 3.2
 RF A オン/オフ 27 dB
 RF B オン/オフ 27 dB
 C  オン/オフ 27 dB
 C1 Vpi 7.2 V
 C2 Vpi 7.0 V
 ロスインバランス A-B -0.1 dB
 S11 A Max 1 GHz -4 GHz -11 dB
 S11 A Max 4 GHz -5 GHz -13.1 dB
 S11 A Max 5 GHz -8 GHz -16.5 dB
 S11 B Max 1 GHz -4 GHz -11.2 dB
 S11 B Max 4 GHz -5 GHz -13.8 db
 S11 B Max 5 GHz -8 GHz -17.4 dB
 S11 Complex Diff 0.035 Max.
 RF S21 Roll Off A 1-8 GHz -4.4 dB
 RF S21 Roll Off B 1-8 GHz -4.5 dB
 Output PER 25
 Ppi A @ 1 GHz 21.3
 Ppi B @ 1 GHz 21.3
 Balance FOM -0.12
 Modulator FOM 30.91
 Loss 5.2 dB
 メーカ
Optilab