フェムト秒ファイバレーザ:FML-15-B/FML-15-Mは、過飽和吸収体を使った受動モードロック型のフェムト秒ファイバレーザで、ベンチトップタイプとモジュールタイプがあります。オールファイバのリング型レーザで可動部分や偏光制御部分がなく、通信用部品を用いているため出力安定性、信頼性に優れ、低価格です。前面のコントロールノブで出力や外部トリガー用電気クロック出力を調整できる使い易い構造です。パルス幅は工場出荷時に300fsから600fsの間で選択でき、パルス繰り返し速度は20から40MHzの間で指定可能、出力ファイバもSMFかPMFか選択できます。高ピークパワーのパルスを得るためのシード光として安価でお手軽にご使用いただけます。

■用途

・スーパーコンティニウム光の発生

・通信部品の検査
・高速光サンプリング
・材料評価
・光計測
fml-15-b1 fml-15-m
FML-15-B FML-15-M
■機能ブロック図
fml-15-b2

 

型番 FML-15-B FML-15-M
一般仕様
 出力 30mW typ.
 ピーク波長 1540~1560nm, 他もご利用いただけます
 スペクトル帯域幅 20nm~35nm typ.
 パルス間隔 200fs 以上
 パルス繰り返し速度 10MHz~50MHz
 ピークパルスパワー 4kW typ.
 パルスエネルギー 1nJ
 消光比 20dB (PMバージョン)
 トリガー出力 電気出力へ変換したパルス
機械的仕様
 動作温度 5℃ ~ +50℃
 保管温度 -55 ~ +85℃
 光コネクタ FC/AC, 他はオプション
 電気コネクタ DB-25
 リモート制御 RS-232
 サイズ 16.5” x 12.5” x 5.25” 250 x 135 x 40 mm 寸法図面
 アクセサリー 110V~240V ACアダプタ ±5 V DC電源
 メーカ Optilab

 

■ 試験結果

fml-15-m-4

 

 

 

 

 

fml-15-m-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fml-15-m-7