OPI PHOTONICS社のレーザ加工機用ファイバ間コネクタは、レーザ光源からの光を受光するファイバと加工ヘッド部に用いられるファイバを相互接続するコネクタで、高品質石英ガラスで光学系が組まれています。このコネクタを使って2つのファイバを接続することにより、損傷しやすい加工ヘッド部のファイバだけを簡単に取り替えることができるようになります。波長1030-1090nm のファイバレーザや波長800-1100nm の半導体レーザ用の製品があり、最大10kW のパワーで使用できます。製品の詳細はご使用になるレーザ光源、光ファイバ、ケーブルコネクタの種類によって異なってきます。

 

■ 特徴

・QBH, QD, Q5, PT-Fと互換性あり
・倍率 0.6, 1.0, 1.2
・高品質石英ガラスレンズを使用
・平均パワー10kW max.
・水冷

 

■ 仕様

 種類 ファイバレーザ用 半導体レーザ用
 最大パワー 8 kW 10 kW
 倍率 0.8 – 1 – 1.2 – 2 0.8 – 1 – 1.2 – 2
 最大NA 0.18 0.26
 メーカ OPI PHOTONICS