カルコゲナイドガラスファイバ-PCFはカルコゲナイドガラスに特有な高い非線形定数と10μmまでの赤外光を伝送できる広いスペクトルを持つことから最近特に注目されているフォトニック結晶ファイバです。各種断面形状のPCFがあり、カスタムファイバの作成も可能です。

 

 特徴
・高非線形
・最大8.5µmの波長まで低損失
・コア径と分散を選択可能

■ 応用
・スーパーコンティニウム
・波長変換

 

仕様 フォトニック結晶ファイバ(PCF)とは? 光ファイバとは?
 型番  PCF-AsSe Suspended Core
 ガラス材質 As38Se62
 屈折率 2.81 @ 1.55μm
 非線形屈折率 1.1×10-17(m2/W)
 ブリリアン利得 5.5×10-9(W/m)
 使用波長範囲 1.5~8.5µm
 損失(typ.) 2.5 dB/m @ 1.55μm
<1 dB/m @ 5~9μm
 コア径 4μm
 クラッド径 200μm
 NA(typ.)
(→NAとは)
>0.7
 ゼロ分散波長 <3.5µm
 カスタム コア径:2~7µmで選択可能
使用波長範囲:アップグレードで最大10µmまで可能
 メーカ Selen Optics