カーボン&ポリイミドコートGIFは水素ガス濃度の高い環境下で優れた特性を発揮します。また、50μmコアと62.5μmコアファイバを利用できます。カーボンとポリイミドのハーメチックコートにより水素、湿気、酸などの侵入を防いでいますので、水分とガラス表面の反応によるマイクロクラックが発生せず長期間使用できます。ファイバは、高温、高圧、湿度、化学的雰囲気に耐えるよう設計されていますので、油井やガス坑内の温度測定、圧力モニタ、データ伝送、海洋油田やガス状態監視、石油増進回収法(特にSAGD技術)、ボアホール地震観測などの用途に有効です。

sm-fiber 特徴

・優れた水素遮断効果
・300℃の高温動作
・ハーメチックコーティング
・グレーデッドインデックス型屈折率分布

 用途
・分布型温度センサ (DTS)
・パイプラインモニタリング
・火災検知システム
・生産/注入モニタリング

仕様   光ファイバとは?
 型番 GIMM(50/125)CP GIMM(62.5/125)CP
 動作波長 (nm) 600 – 1750
 NA 0.18 – 0.22 0.25 – 0.30
 損失 (dB/km) < 4.0 @ 850 nm
< 2.0 @ 1310 nm
 プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi)
 クラッド径 (μm) 125±2
 コア/クラッド偏心 (μm) ≦2.0
 コーティング径 (μm) 155±5
 コア径 (μm) 50 62.5
 コーティングタイプ カーボン&ポリイミド
 動作温度 (℃) -55 ~ +300
 メーカ Fibercore Ltd.