GeドープGI型ファイバは広帯域幅センシング用途で優れた特性を発揮します。ポリイミドコートですので上限300℃の高温でも信頼性の高い機械特性を保ちます。曲げに強い高NAのファイバも用意されており、高密度実装ケーブルや螺旋状ケーブルでも長期間使用できます。

mmf 特徴

・上限300℃の高温動作
・グレーデッドインデックス屈折率分布
・高帯域幅

 用途
・分布型温度センサ(DTS)
・パイプラインモニタリング
・火災検知システム
・生産/注入モニタリング

仕様   光ファイバとは?
 型番 GIMM
(50/125)P
GIMM
(62.5/125)P
 動作波長 (nm) 600 – 1750
 NA 0.18 – 0.22 0.25 – 0.30
 損失 (dB/km) ≦4.0 @ 850 nm
≦2.0 @ 1310 nm
 プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi )
 クラッド径 (μm) 125±1
 コア/クラッド゙偏心 (μm) ≦2.0
 コーティング径 (μm) 155±5
 コア径(μm) 50 62.5
 コーティングタイプ ポリイミド
 動作温度 (℃) -55 ~ +300
 メーカ Fibercore Ltd.