PD-23-M-DCは、RF over Fiber、アンテナリモーティング、光ファイバを使用した広帯域RF伝送などの用途に設計された23GHzフォトダイオードモジュールです。最大受光パワーは35mW、出力カップリングはDC結合です。PD-23-M-DCは、20 GHzを超える周波数範囲の光信号をRF信号へ変換できる高受光パワー、低歪みのPINフォトダイオードを利用しています。このコンパクトで費用効果の高いレシーバーモジュールは、標準のUSB2.0ポートを介したRS-232I / Oインターフェイスによりホストコンピューターと通信できるオンボードプロセッサを備えており、ユーザーは逐次状態監視が可能です。PD-23-MとRoFトランスミッターモジュール(LTシリーズ)を組み合わせると、超広帯域のRoFリンクを構築できます。

 特徴

帯域幅60 KHz〜23 GHz
・DC〜23 GHz、DCバージョン
・高線形〜40 mW +入力電力
・動作温度-30°C〜 + 60°C

■ 用途

・23GHzアナログRFオーバーファイバ
・光増幅フォトニクスリンク
・最大20Gb / sのRZおよびNRZ
・コヒーレント光システム
・フロントエンドO / Eコンバータ

仕様(データシートPDF)

フォトダイオード(PD)とは?
 型番 PD-23-M-DC
 一般仕様
 フォトダイオードの波長範囲
1260 nm〜1600 nm
 動作帯域幅
60 KHz〜30 GHz
 光入力レベル
40 mW max.
 応答性
1.0 A/W  @ 1550 nm typ.
19 GHz min., 21 GHz typ.
 S22特性
< -10 dB @ 20 GHz
 光リターンロス -30 dB typ.
 2次高調波歪み -70 dBc max.
 3次高調波歪み -75 dBc max,
 PDL @ 1550 nm
0.05 dBmax.
 出力カップリング
DC結合
 RFインピーダンス
50 Ω
 帯域幅を超えるリップル
±1.0dB max.
 LT-20とのリンクパフォーマンス
 SFDR
113 dB Hz2/3
 リンク損失
-20 dB @ 10dBmオプティカル
 機械的仕様
 動作温度
-10 ℃ ~ +50 ℃
 保管温度
-20℃ ~ +80 ℃
 電源
+5 V DC、500 mA max.
 光コネクタ
FC / APC、SC / APCオプション
 RF入力コネクタ
SMAコネクタメス、50Ω
 DCコネクタ
プラグインタイプ
 ローカルアラーム
LED:オプションの入力電源
 リモートアラーム
USB経由のRS-232インターフェース(標準)
 サイズ
82 mm x 56 mm x 25 mm
 付属品
110 V-240 V ACUSBアダプターおよびケーブル
 ハウジング
プレシジョンマッハ、陽極酸化アルミニウム
 メーカ
Optilab