光ファイバ型WDMカプラは、光ファイバを融着延伸して作製したWDMカプラで、光ファイバとの接続が容易でフィルタ型より低価格です。本製品は、1960nm/1600nmを合波する光ファイバ融着型WDMカプラで、TDF(Tm ドープファイバ)を使った2000nm帯のファイバレーザや光アンプ(TDFA)の励起に使用できます。

■特徴
・低過剰損失
・高消光比
・高安定性、高信頼性

■用途
・TDF (Tmドープファイバ)を用いた2000nm帯ファイバレーザ
・TDF (Tmドープファイバ)を用いた2000nm帯光アンプ
・試験装置

パラメータ 単位
ポートタイプ 1 X 2
長波長側動作波長 nm 1960
挿入損失 dB ≦0.7
アイソレーション dB ≧12
PDL dB ≦0.15
短波長側動作波長 nm 1590
挿入損失 dB ≦0.8
アイソレーション dB ≧15
温度安定性 dB/℃ ≦0.005 (-5℃ ~ +70℃)
リターンロス dB ≧55
ダイレクティビティ dB ≧55
許容光パワー CW mW 500
ファイバタイプ SMF-28
動作温度 -5℃ ~ +70℃
保管温度 -40℃ ~ +85℃
メーカ Opneti Communications

*コネクタ付の場合、挿入損失+0.3dB、リターンロス-5dB、消光比-2dBとなります。

■ パッケージ

Opn-1960_1600-fiber-wdm