LEONI-sw-eol-1x16-1LEONI社(独)のファイバ光スイッチ(シングルモード):eol シリーズは、ビームシフト素子を光路に挿入して切り替えを行うユニークな光スイッチで、可視から赤外にわたる幅広い波長帯に対応しています。4コの素子を使うことにより1×16までのスイッチが可能です。素子のシフトにバイモルフピエゾアクチュエータを用い、108 回以上の長寿命を保証しています。切り替え速度は2msで、光通信NWだけでなく計測、センサー、製造工程のモニタリング、バイオ医療、環境モニタリングなど多くの分野で使用されています。

■ 光スイッチ: eolシリーズの原理

LEONI-sw-eol-1x4-2■  ご注文の際、以下をご指定ください

  • チャネル数(1×8, 1×12, 1×16, 2×4, 2×8; 他のチャネル数も可能です)
  • 波長帯(動作波長範囲)
  • ご使用になる最大光パワー(max. 1Wです)
  • ファイバの種類(例:SMF-28e あるいは相当品)
  • ピグテイル長(m)
  • コネクタの種類(例:FC, SC, LCなど)
    (→光コネクタとは)
  • インターフェース(例:RS232, TTL, I2C, Ethernet, USB)
  • 2xNスイッチの場合のスイッチタイプ(こちらをご覧ください
 型番 eol 1×8 ・ eol 1×12 ・ eol 1×16 ・ eol 2×4 ・ eol 2×8
 波長帯 VIS NIR Ⅰ NIR Ⅱ IR
 動作波長 nm 400 – 670 600 – 900 900 – 1200 1260 – 1380
1480 – 1650
 最大挿入損失 (typ.) dB 1.4 (0.9)* 1.4 (0.9)* 1.4 (0.9)* 1.0 (0.7)*
 リターンロス dB >40 >55 >55 >60
 クロストーク dB ≦-55
 再現性 dB ≦0.01
 偏波依存損失 PDL dB ≦0.1
 スイッチ速度 ms ≦2
 保証寿命 >108
 スイッチング周波数 s-1 ≦50
 動作電圧 V 5
 消費電力 mW <450
 動作温度 0 ~ +60℃
 保管温度 -40 ~ +80℃
 ハウジングサイズ mm 標準ラージ (124 x 56 x 13)
 ハウジングオプション アルミコンパクトベンチトップ、19″ラック:異なるサイズも可能です
 メーカ LEONI

*eol 1×16では、IR波長帯の挿入損失は1.5dB、他の波長帯では2.0dBです