AWGのような合分波器では、意図したチャンネルだけから信号光が出力するのが理想的ですが、実際には他のチャンネルからもほんの僅かの出力があり、これをチャンネル間クロストークといいます。

隣りのチャンネルからの出力が一番あり、これを隣接クロストークといいます。

隣り合っていないチャンネルからの出力は少なく、これを非隣接クロストークといいます。

クロストークは意図したチャンネルからの信号光パワーと他のチャンネルからの信号光パワーの比をデシベル(dB)
で表示します。