2μmフェムト秒ファイバレーザ: AP-MLは、高強度のサブピコ秒パルスを発振するモードロックファイバレーザです。科学、産業分野におけるさまざまな応用が可能な世界初の新しいファイバレーザで、従来のバルクタイプHoレーザやTmレーザに比べコンパクト、高効率、容易な保守、簡単な操作性といった利点があります。

 

■特徴

 ・サブピコ秒の短パルス
 ・広いスペクトル帯域幅
 ・回折限界ビーム品質
 ・簡単操作で保守不用
AP-qs
■用途

 ・中赤外波長発生
 ・非線形光学
 ・分光
 ・R&D
AP-Tm-ML-2

 

 

型番 AP-ML-950 AP-ML-350
動作波長 1.95±0.05μm
平均出力(公称値) 5mW 3mW
パルス幅 <950fs <350fs
パルス繰り返し速度 20~40MHz (出荷時設定) 30~50MHz (出荷時設定)
スペクトル帯域幅 >6nm >18nm
ビーム品質, M2 < 1.1
出力偏光 ランダム
出力ファイバ SMF-28(3mmジャケット、1m長、コネクタなし)
動作温度 +20 ~ +30℃
保管温度 -10 ~ +70℃
冷却 強制空冷
電源 AC100~240V(50/60 Hz)
消費電力 15 W
ウォームアップ時間 20分
サイズ 260(W) x 340(D) x 105(H) mm
メーカ AdValue Photonics