Techwin社のCKLID-1030はMOPA構造の高ピークパワー、高パルスエネルギーファイバレーザで、回折限界近いビーム品質です。小型で強固なモジュールパッケージで、外部トリガー同期でモニター可能です。導入が簡単でメンテナンスフリー、長寿命でコストパフォ-マンスのよい製品です。パルス幅と繰り返し速度をPCで調節できる組込に非常に適したレーザです。

 

■ 特徴

・高ピークパワー:max. 4kW
・平均パワー:max. 1 W
・繰り返し速度調節可
・パルスエネルギー:max. 10 μJ
・優れたビーム品質

 

■ 用途

・LiDAR
・3Dスキャン
・距離測定
・標的探査
・テレメトリー

■ 仕様

型番 単位 CKLID-1030
Min. Typ. Max.
 中心波長 nm 1028 1030 1032
 シードレーザ線幅 MHz 2 10
 パルスエネルギー μJ 10
 ピークパワー kW 4
 平均パワー W 1
 パルス幅 ns 1 10
 繰り返し速度 Hz 1 500000
 ビーム品質 M2 <1.1
 出力偏光 リニア
 偏光消光比 dB 17 20
 出力安定性(15 min) % ±1.5
 出力安定性(8 h)1 % ±2 ±3
 出力アイソレーション No
 動作温度(標準) -35 +65
 動作温度(オプション) -40 +85
 保管温度 -40 +85
 消費電力2 W 24
 動作電圧 VDC 5 ~ 12
 トリガーモード TTL 外部トリガー
 ファイバ長 m >0.3
 出力ファイバコネクタ FC/APC or コリメータ
 サイズ mm 90×23.5 (D x H)
 重量 g <300
 メーカ Techwin (China) Industry Co., Ltd

1.出力安定性は25℃でウォームアップ30分後に測定しています。
2.消費電力は出力と動作条件に依存します。