HBL-fs-1030は、コンパクトなフェムト秒モードロックファイバレーザです。外部パルス圧縮機により30fsのパルスが得られます。波長1030nmの偏光出力で繰り返し28 MHz、平均パワー>10mW、オプションで >200mWも可能です。高速分光計測、材料の特性評価、ピコ秒ハイパワーレーザのシード光、微細加工、バイオイメージング、細胞操作、非線形光学などの用途にご利用いただけます。

■特徴

 ・ターンキー操作、セルフスタート
 ・コンパクトサイズ
 ・メンテナンスフリー
 ・低価格
fs-seed-1030-1
■用途

 ・超高速分光
 ・材料特性評価
 ・超高速ハイパワーレーザのシード光
 ・微細加工
 ・バイオイメージング
 ・細胞操作
 ・非線形光学
fs-seed-1030-2

 

 

型番 HBL-fs-1030 HBL-fs-1030-option
レーザ方式 モードロックファイバレーザ
波長 nm 1030±5
平均出力 mW >10(~20typ.) >200
スペクトル帯域幅 nm >6(~8typ.) >6(~8typ.)
パルス幅(ダイレクト出射) ps 1~2
圧縮パルス幅 fs <300*
繰り返し周波数 MHz 28±5
出力ポート(標準) ファイバカップル FC/APC, リニア偏光
メーカ HibriLaser, Inc.

*外部コンプレッサー使用