TCR-FS-780-0.1はErドープファイバを利用したフェムト秒レーザで、ユニークなハイブリッドモードロック技術、超高精度分散補償技術、非線形チャープパルス増幅技術により開発されたレーザです。このレーザでは、光電子回路が集積化され、熱放散は空冷になっていますので非常にコンパクトにできています。THz波検知、非線形光イメージング、3次元マイクロ・ナノ加工他多くの分野で利用可能です。

■特徴

・高安定
・100fsのパルス幅
・光電子回路の集積化設計
・モジュール設計
・低コスト、メンテナンスフリー

■用途

・THz波の発生
・非線形光学の研究
・3次元マイクロ、ナノ加工
・組織切断
・精密測定

■仕様 ファイバレーザとは
 型番 TCR-FS-780-0.1
 波長 789 nm
 スペクトル幅 10 nm
 パルス幅 <100 fs
 平均パワー 100 mW
 パワー安定性 <1 % RMS
 繰り返し周波数 80 MHz
 出力 フリースペース
 偏光 水平偏光 PER>20 dB
 電源 90 – 240 V   AC 50 – 60 Hz
 制御接続 イーサーネット/RS232
 同期出力 SMAトリガー
 サイズ 450 x 320 x 180
 重量 <20 kg
 動作温度 10 – 35℃
 冷却方式 空冷
 ウォームアップ時間 <10分
 メーカ Qingdao Free Trade Laser Technology Co., Ltd.