このファイバは、高温、高圧、湿気、化学的雰囲気などの厳しい環境に耐えられる設計になっています。そのため、油井やガス坑内の温度測定、圧力モニタ、データ伝送、海洋油田やガス状態監視、石油増進回収法(特にSAGD技術)、ボアホール地震観測などの用途に有効なファイバです。このファイバを使った分布型温度センサシステム(DTS)は、極めて過酷な環境にある油井坑内の状態監視に利用されています。Fibercore社で開発したカーボンコートは水素ガス、湿気、酸などの侵入を防ぎます。カーボンコートは湿気がファイバのガラス表面に達するのを防ぐので水による応力腐食がなく、小さな曲げ半径でも長期間破断しません。ポリイミド被覆は300℃の高温までしっかりファイバを保護できます。

sm-fiber■ 特徴

・ハーメチックコート
・300℃まで使用できるポリイミドコート
・低損失
・優れたコア/クラッド偏心
・スチール管、PFA、ナイロンジャケット可能

■ 用途
・分布型温度センサ (DTS)
・分布型音響センサ (DAS)
・分布型歪みセンサ (DSS)

仕様   光ファイバとは?
 型番 SM1250(10.4/125)CP
 動作波長 (nm) 1260- 1650
 カットオフ波長 (nm) 1190 – 1330
 NA 0.11 – 0.14
 MFD (μm) 9.6 – 11.2
 損失 (dB/km)

< 0.7 @ 1310nm 
< 0.6 @ 1550 nm

 プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi)
 クラッド径 (μm) 125±2
 コア/クラッド偏心 (μm) ≦1.0
 コーティング径 (μm) 155±5
 コーティングタイプ カーボン&ポリイミド
 動作温度 (℃) -55 ~ +300
 メーカ Fibercore Ltd.