RTP(RbTiOPO4)非線形結晶は、非線形光学および電気光学装置に使われるKTP結晶と同形の結晶です。RTPは、高い損傷閾値(KTPの1.8倍)、高い抵抗値、高い繰り返し性能、吸湿性がなく60kHzまで圧電効果を引き起こさないという利点があります。透過波長範囲は350nm-4500nmです。

■ 構造と性質

結晶構造 斜方晶
格子パラメータ a = 12.96 Å; b =10.56 Å; c =6.49 Å
モース硬度 約 5
質量密度 3.6
融点 約 1000℃
熱膨張係数 αx=1.01×10-5, αy =1.37×10-5,
αz =-4.17×10-6

■ 光学的および非線形光学特性

透過波長範囲 350-4500nm
熱光学係数  -0.029 nm/℃
電気光学定数 r33=38.5 pm/V
r33=35 pm/V, r23=12.5 pm/V, r13=10.6 pm/V
電気抵抗 約1011-1012ohm·cm
静的半波長電圧(at 1064nm) 4x4x20 mm: 1,600 V
6x6x20 mm: 2,400 V
9x9x20 mm: 3,600 V
消光比 >20dB@633nm
セルマイヤー方程式(λの単位:μm) nx2=2.15559 + 0.93307[1-(0.20994/λ)2] – 0.01452λ2
ny2=2.38494 + 0.73603[1-(0.23891/λ)2] – 0.01583 λ2
nz2=2.27723 + 1.11030[1-(0.23454/λ)2] – 0.01995λ2