BPR-23-Dは23GHzリニアバランスフォトレシーバです。14pin min-DILパッケージにデュアルバランスPDアレイとリニアトランスインピーダンスアンプが内蔵されています。手動ゲインコントロールモード(MGC)あるいは自動ゲインコントロールモード(AGC)のどちらでも動作できます。1500 V/Wの差動変換ゲイン、0.5 dB以下の不均衡ゲイン、1200 mVppまでの差動出力電圧の特性を有していますので、PSK,QAM信号および差動PSK信号、低雑音アナログヘテロダイン検出への利用が見込めます。

 特徴
bpr-23-d-1

BPR-23-D

・ 23GHzまで調節可能な帯域幅
・ VGA集積リニアTIA
・ 14Pin mini-DILパッケージ
・ 差動RF出力デュアルGPPOコネクタ
・ MGC & AGCモード

 用途

・ 23 GHzまでのリニアレシーバ
・ 23 GHz アナログRoFリンク
・ 低ノイズアナログヘテロダイン検出
・ コヒーレント光伝送システム
・ トランスポンダー & ラインカード設計

機能ブロック図

bpr-23-d-2

仕様   フォトディテクタとは?
型番 BPR-23-D
 一般仕様
 最適動作波長
950 ~ 1650 nm
 光入力レベル
+4 dBm max.
 S21 3 dB 帯域幅
23 GHz typ.
 暗電流 @ 25℃, 3.3 V
5 nA typ.
 変換ゲイン
1500 V/W typ., 1300 V/W min.
 変換ゲイン非対称度
0.3 dB typ.
 光リターンロス
30 dB typ.
 光PDL @ 1550 nm
0.25 dB max.
 PD逆バイアス電圧
3.3 V±0.2 V
 TIA動作電圧
3.3 V±0.2 V
 出力リターンロス
8 dB @ 20 GHz
 差動出力電圧
1200 mVpp まで
 インピーダンス
50 Ω
 出力カップリング
DC(外部ACカップリングが必要です)
 インパルス応答
22 ps typ.
 スキュー
5 ps typ., 20 ps max.
 フォトダイオード感度
0.7 A/W @ 1550 nm
 等価入力雑音密度
100 pA/√Hz max.
 機械的仕様
 動作温度
0 ℃ ~ +75 ℃
 保管温度
-40℃ ~ +85 ℃
 動作湿度
85 % max.
 電源電流
87 mA typ., 93 mA max.
 消費電力
275 mW typ., 307 mW max.
 ハウジングサイズ
18 mm x 22 mm x 8.5 mm
 ファイバコネクタ
(→光コネクタとは)
FC/APC or LC/APC
 光ファイバ
SMF-28
 パッケージタイプ
14 pin butterfly min-DIL
 RFコネクタ
デュアル GPPO
 最大絶対定格
 PD逆バイアス電圧
4.5 V
 入力光パワー
6 mA
 最大電流
93 mA
 連続入力電流
-1.5 mA ~ 5 mA
 ESD, 入出力ピン
1000 V min.
 ESD, 他の全てのピン
2000 V min.
 ラッチアップ
JESD78 Class 2
 湿度
85 %
 メーカ
Optilab
S21特性測定例

bpr-23-d-3

寸法図とピン配置

bpr-23-d-4

BPR-23-D関連製品

bpr-23-d-5