TeraXion社のCS-TDCMBは高速通信ネットワークにおけるいかなるチャネルの波長分散も正確にダイナミックコントロールできるベンチトップ型の波長分散補償器です。この補償器はR&Dや製造プラン用に特に分散範囲、帯域幅が広くなっています。また、チャネルセレクターが内蔵されており、波長分散発生器としても役立ちます。

■ 特徴

・大きなチューニング範囲と広い帯域幅
・チャネルプランインデペンデント
・プラグ & プレイ
・LabVIEWインターフェース
・ C- or L-band


■ 用途

・試験、計測用分散発生/補償
・トランスポンダーアセンブリー試験

■ 仕様

型番   CS-TDCMB-900 CS-TDCMB-1200 CS-TDCMB-1600 CS-TDCMB-2400 CS-TDCMB-2000
分散範囲 ps/nm ±900 ±1200 ±1600 ±2400 ±2000
動作帯域幅 GHz >40 >45 >45 >35 >35
チャネルグリッド 連続 50 GHz 連続 50 GHz2 連続
挿入損失 dB <5 <9
位相リップル標準偏差 rad <0.08 <0.15
分散分解能 ps/nm 5 5
偏光依存性損失 dB <0.3 <0.5
偏波モード分散 ps <0.5 <1
最大入力パワー dBm <27 <27
動作温度 -5 ~ 65
保管温度 -45 ~ 85
動作湿度3 %RH 5 ~ 95
サイズ mm 225 x 203 x 45
制御インターフェース RS-232
入力電圧 90-250 VAC — 47-63 Hz — Max 71 W
Fuse T 1.6 A H250 V
メーカ TeraXion

(1) 仕様はカスタマイズできます
(2) 100GHz – 帯域幅 >45 GHzをオプションでご利用いただけます
(3) 結露なきこと

■ 寸法図