DCMシリーズは、DWDMネットワーク用の分散補償ファイバのラックマウント型モジュールです。DCMシリーズは、DWDMネットワークで使用されるシングルモードファイバにおける波長分散の影響を打ち消すために使用されます。これにより、伝送中にビット誤り率(BER)が増加、減少、または除去されます。
OptilabのDWDM EDFAと組み合わせて使用することで、DCMはDWDMネットワークで伝送距離を延長できます。DCMは、電力やメンテナンスを必要としないパッシブ・デバイスです。40km、60km、80kmのバージョンで利用可能です。

 

■特徴
・パッシブデバイス
・低挿入損失
・Cバンドで最大40チャネルのDWDM信号を補償

■用途
・DWDM

 

■仕様

型番 DCM-40 DCM-60 DCM-80
基準光ファイバ SMF-28、シングルモードファイバ(ITU G.652)
波長帯域 1525 ~ 1565 nm
PMD(平均) 1.0 ps max.
スロープ効率 > 65 %
波長分散値 -680 ± 10 ps/nm、40km -1020 ± 10 ps/nm、60km -1360 ± 10 ps/nm、80km
挿入損失 4.5 ± 0.5 dB 7 ± 0.5 dB 9 ± 0.5 dB
筐体 ラックマウント、アルミニウム
光コネクタ
(→光コネクタとは)
FC/UPC、SC/APC、ご要望
サイズ 13.75″(L) x 19″(W) x 1.75″(H)
メーカ Optilab