DFB-4-B-1310-CWDM-PMは、ラボ実験用のCWDM波長DFBレーザ光源です。O-bandのCWDM4波長を出射する高性能、高信頼DFBレーザを備えています。前面パネルからレーザ駆動電流を調節して出力を変えたり、TEC温度制御で波長調節できます。USBインターフェースはオプションです。

■特徴
・CWDM波長:1270nm, 1290nm, 1310nm, 1330nm
・±5pmの波長安定性
・偏光保持(PM)出力
・USBインターフェース(オプション)
・波長チューニング範囲:±1.5nm■用途

・ラボ試験/測定
・CWDMネットワーク
・シードレーザ
・光部品試験

 

データシートPDF

 

 

 

 

型番 DFB-4-B-1310-CWDM-PM
 技術的仕様
 DFB数 4レーザ/ユニット
 波長 CWDM; 1270 nm, 1290nm, 1310nm, 1330nm
 波長チューニング範囲 ±2.5 nm
 出力 2 mW typ.
 出力安定性 ±0.3 dB (8時間)
 波長安定性 ±200 pm (8時間)
 レーザ線幅 2 MHz typ. (<1 MHz も可能)
 サイドモード抑圧比 40 dB typ.
 光アイソレータ 30 dB typ.
 相対強度雑音(RIN) -145 dB/Hz typ.
 偏光消光比 20 dB typ.
 調節機能と出力
 チャンネル出力制御 オン/オフ
 DFB出力 10~100% 調整範囲
 DFB波長チューニング ±1.5 nm(中心波長から)
 機械的仕様
 動作温度 10 ~ +50 ℃
 保管温度 -10 ~ +70 ℃
 動作湿度 0~85%RH
 電源 80 – 240 V , 43 – 63 Hz AC  or  40 – 58 V DC(オプション)
 消費電力 50 W max.
 サイズ 14″ x 12.5″ x 35″
 制御/モニター LD電流、出力、レーザ波長
 インターフェース RS232 via USBコネクタ
 ディスプレイ LD電流、光出力
 光コネクタ FC/APC(他はオプション)
 光ファイバタイプ PANDA for PM出力
 メーカ Optilab