GIGAC™ MTP/MPO Trunk Cablesは、複数のMTP / MPOパッチコードケーブルと統合されたケーブルアセンブリとして設計されており、通常、ケーブル間の距離を予測できる場所で使用されるインタービルディングおよびイントラビルドバックボーンケーブル配線用です。コネクタタイプ、ブレークアウト構成、ジャケット材質など、さまざまなケーブルとコネクタの組み合わせで、完全に構成可能です。

■特徴
・タイプA,B,C,Rで使用可能な極性
・スタンダード、エリート、低ロスから挿入損失を選択可能
・ファイバ数24,36,48,…,144から選択可能
・Male, Female, Male to Femaleのコネクタタイプが選択可能
・SMF(G652D,G657A1,G657A2)、MMF(OM1,OM2,OM3,OM4)のファイバタイプが選択可能
・OFNR,LSZH,OFNPからケーブルジャケットタイプが選択可能
・分岐の長さは、0.5m,1m,etc。

・PCまたはAPC研磨
・ケーブル長は1~999mで選択可能
・ファイバルーティングの改善と簡素化
・ファイバ管理スペースの削減
・Telcordia GR-1435-CORE, GR-326-CORE, RoHS
 

■MTP/MPO仕様

タイプ シングル(APC)  シングル(PC)  マルチ(PC)
挿入損失 スタンダード ≦ 0.7dB (0.5 Typ.) ≦ 0.7dB (0.5 Typ.) ≦ 0.5dB (0.35 Typ.)
エリート/低ロス ≦ 0.35dB (0.25 Typ.) ≦ 0.35dB (0.25 Typ.) ≦ 0.35dB (0.2 Typ.)
リターンロス ≧ 55dB ≧ 45dB ≧ 20dB
テスト波長 1310nm/1550nm 850nm/1300nm
データシート
メーカ Gigalight