MIH® 垂直多接合(VMJ)光起電力 (PV)セルはシリコンベースの光電池で、変換可能範囲が0.1W/cm2~50W/cm2までと広く、電圧密度が高くて低電流という特徴があります。多接合なので高集光になり、一般的な光電池が150mm x 150mmのサイズで0.6Vくらいの出力に対して、MIH® VMJ PVセルは10mm x 10mmの大きさで25Vを出力できます。通常タイプは900~1000nmの波長帯において高い変換効率を有し、他に1064nmで高変換効率を有するタイプもございます。また、MIH® VMJ PVセルは3mm x 3mm、10mm x 10mm(標準)、20mm x 20mm、50mm x 50mmなどの多様なサイズで提供でるので、さまざまな用途に柔軟に対応できる利点があります。このサイズの柔軟性によって、光学、電力、電圧的に光電池製造の限界とされていたことを超えて装置を設計することができます。加えて、出力電圧も要望に応じて変更することができます。

 

■特徴
・変換効率が高いシリコンベース光電池セル
・電圧密度が高く低電流
・サイズ、形、電圧をカスタマイズ可能
・高い充填密度
・高い温度耐久性
・800~1070nmにおいて高変換効率

■用途
・無人航空機(UAV)へのワイヤレス給電
・リモートセンサ給電
・ワイヤレス遠隔給電

■レーザデータ

部品番号 長さ
(mm)

(mm)
厚み
(mm)
入力パワー
(mW)
パワー密度
(W/cm2)
最大電圧
(V)
最大電流
(mA)
最大電力
(mW)
変換効率
(%)
5S0101.4 1.0 1.0 0.4 13.2 1.3 2.80 1.90 5.32 41.2%
5S0303.4 3.0 3.0 0.4 123.1 1.4 8.70 5.80 50.46 40.7%
5S1010.4 10.0 10.0 0.4 1463.3 1.5 29.21 20.29 592.67 40.5%

※915nmおよび975nmのレーザ光を当てたデータ、セルの温度25℃の条件で測定

■ソーラデータ

部品番号 長さ
(mm)

(mm)
厚み
(mm)
入力パワー
(mW)
パワー密度
(W/cm2)
最大電圧
(V)
最大電流
(mA)
最大電力
(mW)
変換効率
(%)
5S0303.4 3.0 3.0 0.4 2.7 30.0 9.50 0.07 0.67 24.6%
5S1010.4 10.0 10.0 0.4 30.0 30.0 31.82 0.22 7.00 23.7%
5S2020.4 20.0 20.0 0.4 120.0 30.0 58.85 0.44 25.89 21.6%

※太陽光を当てたデータ、セルの温度25℃の条件で測定