光ファイバカプラは光信号を合分波する部品です。2本の光ファイバの一部を融着延伸してコアを近接化した構造で、一方のファイバに入射した光の一部がもう一方のファイバに分岐します。50/50に分岐する3dBカプラ以外に各種の分岐比のカプラがあります。本製品は1260 ~ 1620の通信波長帯全域で使用できる広帯域光ファイバカプラです。Grade Aは標準仕様、Grade Pはハイエンド仕様です。

■特徴
・低過剰損失、低挿入損失、低PDL
・全光通信波長帯で使用可能
・高安定性、高信頼性

■用途
・長距離通信
・CATVシステム
・FTTH/PON

pm-fiber-wdm

 

 パラメータ Grade P Grade A
 動作波長 (nm) 1260 ~ 1620
 過剰損失 (Typ.) (dB) 0.07 0.1
 挿入損失(dB) 50/50 ≦3.8 ≦4.0
40/60 ≦5.0/2.8 ≦5.2/3.0
30/70 ≦6.4/2.0 ≦6.7/2.2
20/80 ≦8.3/1.3 ≦8.7/1.5
10/90 ≦11.5/0.7 ≦12.0/0.8
5/95 ≦14.6/0.45 ≦15.5/0.5
2/98 ≦18.8/0.3 ≦19.5/0.4
1/99 ≦22.5/0.25 ≦23.5/0.35
 偏波依存性損失(PDL)(dB) ≦0.15 ≦0.20
 リターンロス(dB) ≧50, ≧60 ≧50, ≧60
 ダイレクティビティ (dB) ≧55
 保管温度 (℃) -40 ~ +85
 動作温度 (℃) -40 ~ +85
 メーカ Opneti communications

■ パッケージ

ポート 1×2 または 2×2
ファイバ長 1m またはご要求
ファイバタイプ SMF-28e
ピグテイル 250μmベアファイバ 900μmルーズチューブ 900μm/2mm/3mmルーズチューブ
サイズ φ3.0×54 またはφ3.0×40 φ3.0×54 またはφ3.0×56 90×16×9